天極堂のスタッフのヤベの葛のブログ 工場見学と葛湯とこ若
FC2ブログ
 
■プロフィール

天極堂スタッフのヤベ

Author:天極堂スタッフのヤベ
創業140余年の吉野本葛の老舗、天極堂のスタッフヤベがお送りする、葛の話やそれ以外についてのブログです。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
工場見学と葛湯とこ若
こんにちは!天極堂のヤベです

kobehuzoku.jpg

今日は本社にはるばる、遠く神戸から工場見学に
お客様が来てくださいました!!


「吉野本葛って何か知ってる?」
と聞くと、

「知りません♪」というお答え(pд`q。)


短い時間でしたが、本社工場をぐるっと回って
吉野本葛とは何かを勉強していってくれました。
もうきっとわかってくれたことでしょう!!!

そして、お待たせしました!!!

すべてがまるごと贅沢なごちそう
『葛湯とこ若』が販売を再開しました!!!!

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑気になる方はクリック↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

「葛湯とこ若」はとても素材にこだわった葛湯です!


味は4種類ございますが、どの葛湯にも、
とろみ付けには
当社の最高級吉野本葛 古稀を使用しています。

「吉野本葛 古稀」の原料は国産のクズの根のみを
使用しており、昔ながらの自然乾燥で仕上げています。

機械乾燥のものと違い、ゆっくりと乾いた本葛は
ぎゅっと固くしまっています。


そうでした!
味の種類ですが、
「和三盆」「宇治抹茶」「梅」「ジンジャーティー」
の4種類です。

各味ごとにこだわりの素材を使用しています。



wasanbon.jpg

「和三盆」は徳島県産の和三盆糖を使用しています。
和三盆糖は、徳島県と香川県の一部で現在も栽培されている
在来品種「竹糖」(通称細黍ともいいます)と呼ばれる砂糖黍を原材料に、
現在も機械等をあまり使うことなく生産している数少ない国内産の砂糖です。



ujimacya.jpg

「宇治抹茶」は宇治白川抹茶を使用しています。
最上クラスの茶品種から一年に一度だけ、
新芽の時期の若い葉を厳選してひと芽ひと芽丁寧に手摘みし、
臼挽きで仕上げています。



syoga_sozai.jpg
tea_sozai.jpg

「ジンジャーティー」はインド産のニルギリ紅茶と
高知県産の黄金(こがね)生姜をを使用しています。
高知県で生まれた希少価値の高い純粋な国産黄金生姜です。
厳しく栽培基準を守り、恵まれた自然環境のもと清い水で栽培しています。
香りがとても良く辛味にまろ味があり、繊維が少ないのがこの生姜の特長です。
ニルギリ紅茶は、インド南部で栽培される紅茶で、
フレッシュでクセがなく、飲みやすい万人向きの紅茶です。
「黄金生姜」と「ニルギリ紅茶」が葛湯に出会うと極上のポカポカ葛湯に。


ume_sozai.jpg

「梅」は紀州産の梅を使用しています。
日本有数の梅干しの産地として有名な紀州産の梅を使用しています。
口に入れた瞬間爽やかで、やさしい梅のかおりがお口の中に広がり、
さっぱりとした酸味が一度食べるとくせになります。
梅に含まれる酸味が葛のとろみを弱くする為、他の葛湯よりもとろみが少なく、
さらりとしたやさしい飲み心地になっております。

今なら発売記念のお得な「アソートセット」もご用意しております。
4つの味が2食ずつ入って計8食でお得な1,280円となっております!!

是非、お歳暮にお使いいただく前にご自身でご賞味ください!

珍しく、宣伝な内容になってしまいましたが、
私自身も開発に参加しており、自信を持って味わって
いただける商品になったなと感じております!

一度お試しくださいませ!!!!


ヤベ


吉野本葛の老舗 天極堂でのお買い物はこちら
スポンサーサイト


テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

葛についての話 | 15:22:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。